5000円以上ご購入で、送料、代引き手数料が無料。お電話のご注文/フリーダイヤル0120-19-3150/受付時間:9時から12時と13時から17時

育毛技術の先端をいく「アドバンジェン」の公式オンラインショップサイト

アドバンジェンショップ

その薄毛、シャンプーが原因かも?薄毛を予防するための正しいシャンプー方法とは。

シャンプーをする女性

この記事のライター


ライターの写真上野リサ
 上野リサ Lisa Ueno
  株式会社sandalista 代表取締役
  毛髪診断士認定講師・コスメコンシェルジュ・webライター

大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、2008年に独立。
自身の世界観を具現化するべく「sandalista(サンダリスタ)」を主宰。
スキンケア、ヘアケアに関する執筆活動や、講演、個別レッスンを通じ 多くの方に「善い美容週間の定着」を提案している。




最近気になる抜け毛や髪のボリューム不足。もしかしたら、シャンプーが原因かもしれません。
薄毛になりやすいシャンプー方法とは?薄毛を予防するための正しいシャンプー方法は?
毛髪診断士認定講師がおこたえします!


薄毛の原因?間違ったシャンプー方法

シャンプー液の使いすぎ

お手入れの基本は汚れを取り除くことです。
その意識が強いと、しっかり汚れを落とそうと思うあまり「シャンプー液をたくさん使う」場合があります。
選んでいるシャンプーの特徴により多少の差はありますが、洗浄成分をたくさん使えば汚れは落ちます。
それと同時に、頭皮や髪の潤いも取り除かれる場合があります。
乾燥した頭皮はフケやかゆみなどを引き起こし、頭皮の常在菌による健康なバランスを保てなくなります。
この状態を放置すると抜け毛につながるリスクがあります。
また、シャンプー液をたくさん使うと、すすぎにも時間がかかります。
洗いムラやすすぎムラがあれば、頭皮や髪にシャンプー液が微量に残る可能性も。
十分にすすぎができていないと、髪の根元がつぶれたり、束になったり、すぐにべたついたりと、薄毛に見えやすくなるといえるでしょう。
適量の判断が難しくもありますが、シャンプーの付けすぎは頭皮と髪へのリスクがあることを忘れないでください。


強く洗いすぎた事による頭皮の炎症

洗髪方法をこと細かに習ったことのある方がどれくらいいるのでしょうか?
頭を洗う力加減や指使いが正しいかどうか、自分でわかるという人は少ないと思います。
参考にしたいのは、美容室、理容室で洗ってもらう指の当たり方です。
もし、それよりも頭皮を強くこすってる、頭を掻きむしるような洗い方、爪を立てて洗っている方は、 頭皮が傷ついて炎症を起こしている場合があります。
軽い炎症でも疲れが重なればトラブルに繋がったり、雑菌の繁殖によりかゆみが生じることもあるでしょう。
頭皮の炎症は、抜け毛の原因になりかねません。頭皮にトラブルが起こりやすい方は強く洗いすぎていないか、振り返ってみましょう。


朝シャンは育毛に良いのか?

朝しかシャンプーしない方は、ぜひ夜に切り替えてください。
一日過した頭皮は皮脂や汗の分泌があり、そこに汚れが付着している状態です。
髪にもたくさんの汚れがついているといえるでしょう。
身体が修復される夜の時間帯は、衛生的であることが理想です。
汚れがない状態は、身体の持つ本来の働きが高まります。
健康な頭皮と髪を育むためには、夜のシャンプーがおすすめです。
一方で、朝と夜の2回シャンプーをする方の多くは、頭皮のべたつきやにおいが気になるという理由が聞かれます。
この場合、洗いすぎによるリスクが高まり、必ずしも育毛に効果的とは言えません。
まずは、夜のシャンプーが表面の汚れを落とすだけになっていないか見直す必要があるといえるでしょう。


お湯だけで洗う

シャンプー液を使う前には、必ずお湯だけで頭皮全体を洗いましょう。
それだけである程度の汚れが落ちます。
しかし、毛穴に残った皮脂や整髪料などはお湯だけで落としきれるとは言えません。
特に、日頃からにおいの気になる方、かゆみの気になる方は汚れが残っている場合があります。
お湯でしっかりと洗ってからシャンプー液を使う必要があります。
誰でも彼でもお湯だけで洗うことがよいとは限らず、汚れがきちんと落ちていないと、抜け毛の原因になるので気を付けましょう。




薄毛を予防するための正しいシャンプー方法

では、どのようにシャンプーをすれば薄毛予備になるのでしょうか。
正しいシャンプー方法についてご紹介していきましょう。

正しいシャンプーのやり方

①髪のもつれをほぐす
髪の長い方や絡まりやすい方は、目の荒いクシやブラシで毛先のもつれをほぐしましょう。 もつれたままシャンプーをすると髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。

髪のもつれをほぐす女性のイラスト

②予洗いは2~3分(38℃前後のぬるま湯で)
髪全体をしっかり濡らし、髪や頭皮の汚れを落とし整髪剤の油分などを落ちやすくさせます。 汚れの70%は予洗いで落ちますし、次に使うシャンプーの泡立ちも良くなります。

予洗いをする女性のイラスト

③シャンプーは手のひらで泡立たせてから
適量のシャンプー液を手のひらにとり、軽く泡立たせながら髪と頭皮になじませます。シャンプー液をたくさん使う必要はありません。

手のひらでシャンプーを泡立たせるイラスト

④頭皮を意識して洗う
指の腹で頭皮全体をほぐすように洗います。爪を立てたり、強い力でゴシゴシするのは頭皮に良くないので気をつけましょう。 頭皮が洗えたら、予洗いで落ちなかった整髪剤など、髪についた汚れを泡で包み込むようにしてやさしく洗います。

髪を洗う女性のイラスト

⑤すすぎは丁寧に
しっかり髪にお湯を通して洗い流します。「きちんと流した」と思ってから、もうひと流しするくらいが丁度良いでしょう。 すすぎ残しがあると、頭皮の炎症の原因になる可能性があります。

シャンプーをすすぐ女性のイラスト

⑥コンディショナーやトリートメントを使う
リンスやトリートメント、コンディショナーを使う場合は頭皮にはつけず、毛先につけるようにしましょう。

コンデショナーを使う女性のイラスト


また、正しくシャンプーをした後はなるべく早くドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。
ドライヤーの熱は髪に悪い、刺激で薄毛が進むと思って自然乾燥にする人もいますが、濡れたままの髪や頭皮はとても危険な状態です。
濡れたままの髪はキューティクルが開いていてダメージを受けやすいですし、湿った状態の頭皮は雑菌が増えやすく、ニオイや炎症の元になります。
シャンプー後はなるべく早めに、根元からドライヤーで乾かすことが大切です。








掲載:2019/12/01
このページの先頭へ