5000円以上ご購入で、送料、代引き手数料が無料。お電話のご注文/フリーダイヤル0120-19-3150/受付時間:9時から12時と13時から17時

育毛技術の先端をいく「アドバンジェン」の公式オンラインショップサイト

アドバンジェンショップ

薄毛を隠せる!毎日のセットも簡単なヘアスタイルを毛髪診断士×美容師が教えます。【生え際編】

ヘアサロンで髪をセットする女性

薄毛をカバーするヘアスタイル。サロンでせっかく綺麗にセットしてもらっても、一度シャンプーすると髪はぺしゃんこ。 プロのように毎日セットするのは難しいと悩んでいる方も多いはず。

ご自宅で手軽にスタイリングができて、でも気になる薄毛はしっかり隠せるヘアスタイルとスタイリングテクニックを毛髪診断士×美容師の最強タッグがご紹介!

シリーズ2回目は、隠すのが難しい生え際の悩みを隠せる方法について詳しく見ていきましょう。

つむじの薄毛を隠す方法についてご紹介した、シリーズ1回目はこちら





1. 生え際が気になる人の、おすすめヘアスタイル

ふと鏡を見て「私ってこんなにおでこ広かったっけ?」と驚いた事はありませんか?
ずっと同じ所で分けていた場所や、こめかみの辺りが薄くなってきたという方は多いと思います。

そんな生え際の薄毛を隠すヘアスタイルはあるのでしょうか?。さっそく見ていきましょう!


気になる生え際は、前髪でカバーしましょう。
前髪が長く、生え際に分け目をつける髪型や、オールバックで一つ結びのスタイルは、薄毛を目立たせます。
それだけでなく、常に決まった方向に引っ張られることで抜け毛のリスクも高まります。
前髪は生え際から3~5センチ程度の長さでカットしましょう。
横に流す場合でも、分け目がくっきりと出ないようにふんわり整えます。


ショートヘアの場合、頭頂部の毛に動きが出るようにカットしてもらい、毛先を顔に向けてアレンジしましょう。
頭頂部の毛から前髪までを自然につなげるようなスタイリングで、ボリュームアップが叶います。


反対に、透け感のある薄めの前髪やパッツン前髪は髪の立体感がでず、ペタッとした印象になりやすく、難易度が高いので注意しましょう。



2. 変え際が気になる人の、シャンプー後の乾かし方

濡れた髪に絡まりがないように、軽くとかしてタオルドライをします。
十分にタオルで髪の水分を拭うことができたらドライヤーを使います。自然乾燥は、つぶれた根本のままくせづいてしまいうので、必ずドライヤーで乾かしましょう。

まず、根元から乾かします。この時、とかしてつぶれた根元を指先でほぐしながら温風を送ります。
根元をふんわり立ち上げて乾かすためには、同じ方向からだけでなく、毛先の向きを前後左右に動かしながら乾かしましょう。
頭を下げて毛が逆立ったような状態で乾かせば、全体に空気を含んでふんわりと仕上がります。

乾かした後にとかしすぎると、根元がつぶれてしまうので、仕上げは毛先をまとめる程度に整えましょう。



3. 生え際が気になる人の、スタイリング剤の選び方と使い方

生え際の毛量や頭皮の透け感が気になる場合のスタイリングは軽やかに仕上げるのがポイントです。

ドライヤーで空気を含ませるようにすると、毛の一本一本が独立した状態で、ふんわりボリューム感を出すことができます。
理想の形に整ったら、全体に軽くスプレーをして固定しましょう。
スプレーで空気感を損なわないようにセットすると毛量の少ない箇所でも、根元の立ち上がりをキープできます。

ヘアスプレーを使う女性

反対に、まとめるような効果や毛先につやを出すスタイリング剤を使用すると、毛が束になりボリュームダウンします。
そのため、ヘアクリームやオイルは不向きと言えるでしょう。
人気のワックスタイプも、仕上がりのタイプで差はありますが、根元につけると毛が束になって頭皮の透け感が気になる事も。
最近はパウダータイプのワックスもあり、こちらは根元にもマル!なので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

水分が多いジェルやムースも、つけた途端にぺしゃっと潰れてしまうので避けた方が無難といえます。

どんなスタイリング剤でも、付けすぎると毛束になったり重みが出るので、少量ずつ様子を見ながら使用することをお勧めします。









掲載:2019/07/01
このページの先頭へ