5000円以上ご購入で、送料、代引き手数料が無料。お電話のご注文/フリーダイヤル0120-19-3150/受付時間:9時から12時と13時から17時

育毛技術の先端をいく「アドバンジェン」の公式オンラインショップサイト

アドバンジェンショップ

薄毛を隠せる!毎日のセットも簡単なヘアスタイルを毛髪診断士×美容師が教えます。【つむじ編】

ヘアサロンで髪をセットする女性

薄毛をカバーするヘアスタイル。サロンでせっかく綺麗にセットしてもらっても、一度シャンプーすると髪はぺしゃんこ。 プロのように毎日セットするのは難しいと悩んでいる方も多いはず。

ご自宅で手軽にスタイリングができて、でも気になる薄毛はしっかり隠せるヘアスタイルとスタイリングテクニックを毛髪診断士×美容師の最強タッグがご紹介!

まず今回は、多くの方が悩むつむじにスポットを当てて詳しく見ていきましょう。





1. つむじが気になる人の、おすすめヘアスタイル

最近ではベリーショートやボブカットが流行っていますよね。
この短めのヘアスタイルは、果たしてつむじが気になる人にとっては良いのでしょうか。さっそく見ていきましょう!

1-1. ショートの方へのおすすめヘアスタイル

ショートヘアの場合には、大胆に頭頂部の毛を短くカットして、あえて分け目をつくらないスタイルもよいでしょう。




長さを残して、分け目を覆うようなスタイリングにすればエレガントな印象に。




1-2. ボブ、セミロングの方へのおすすめヘアスタイル

ボブからセミロングのスタイルは、表面の毛に動きが出やすいレイヤーカットで、軽やかなボリューム感を演出できます。




毛の表面に段差が出ない、グラデーションカットのボブスタイルは頭のシルエットを美しく柔らかい印象が特徴です。




長い髪は重たく見えやすい傾向があるので、レイヤーやカラーで軽さを意識しながら、頭頂部がつぶれないように表面の毛流れに動きを出しましょう。




1-3. ポイントは分け目をどうするか!

どのヘアスタイルでも、分け方にはこだわりましょう。
前から見た時に一直線に分かれていると、頭頂部が平らに見え、分け目も目立ちます。 前髪や全体のバランスを考えながら、斜めに分けると、頭の形もきれいに見えて、薄毛などのお悩みも目立たなくなります



1-4. NGな髪型ってある?

レイヤースタイルなど動きのある髪型は、軽やかで若々しい印象です。

反対にストレートヘアで段を付けずにカットしたワンレングスの髪型は、面的な美しさが際立つもののぴっちりとまとまりやすく、 毛量に自信がない方は避けたいスタイルです。 長さがあればあるほど、毛の重みで根元がつぶれやすくなる点も覚えておきましょう。

どの長さでも、頭頂部とほほ骨の辺りの位置にボリューム感がある、「ひし形」のシルエットは、 はちをカバーしながら小顔効果も得られるます。
自分でヘアセットをするときにもひし形シルエットを目指して仕上げましょう。




2. つむじが気になる人の、シャンプー後の乾かし方

髪の毛は、濡れるとくせが付きませんが、乾くと一定の形にとどまります。 水気を含んで湿った状態から、乾ききるまでがスタイリングのポイントです。 ここで上手に、毛の根元を立ち上がらせて乾かすと、気になるつむじもふんわり仕上げることができます

まず、タオルでしっかりと水気を拭いましょう。 目の粗いくしでほつれを取ります。濡れた状態の髪はダメージを受けやすいので、とかしずぎもNGです。 毛先に集まった水分もタオルで吸い取り、しっかりとタオルドライしましょう。
水気が滴らず、湿っている程度になったらドライヤーを使用します。

ドライヤーで髪を乾かす女性


つむじや薄毛の気になる頭頂部の毛をふんわり立ち上げるには、「根元が立ち上がった状態のまま乾かしきる」ことがポイントです。
頭頂部の毛が重力に逆らいやすいように、首を傾け、根元を逆立てながらドライヤーを当てます。 首を右に傾け、左側の毛を右に流して乾かしたり、頭を前に下げて乾かします。
根元が前後左右に立ち上がることで、生えグセや、つむじのつぶれを軽減できます。

乾かした後でトップにボリュームを出したい場合には、根元を軽く湿らせてマジックカーラーを付けたまま、しっかりと乾くまでドライヤーを当てましょう
温風で乾かした後、冷風を当ててしっかり冷ますとキープ力がアップします。
ドライヤーを当てるときには、一方向から風を当て続けると、オーバードライで髪が傷んだり、根本が寝てしまい、ぱっくり割れ目ができてしまうので注意しましょう。


3. つむじが気になる人の、スタイリング剤の選び方と使い方

スタイリングの目標は、「ふんわりキープ」です。
どんなスタリング剤を選ぶか迷ったときは、裏面の説明や、スタイリングの度合いの表示を参考にしましょう。

ボリューム感をキープして仕上げるためにはスプレーがおすすめです。
根元をふんわりスタイリングができたら、ハードスプレーを軽くかけます。ただし、スプレーもかけすぎるとべったり重くなるので、使う量は気を付けましょう。

スタイリング剤として人気のワックスは豊富なバリエーションで用途も幅広くありますが、油分が多い傾向にあり、毛が束になりやすいです。 ジェルやムースには、水分が多く含まれ、ドライヤーでふんわり仕上げても、水気でつぶれてしまいます。
せっかくのスタイリングも、セット剤を間違えれば、残念ぺしゃんこヘアになりかねません。 どんなスタイリング剤も、付けすぎで毛がまとまると、地肌が目立ち、毛量が少なく見えることがあります。

スタイリング剤選びと、付ける量をマスターして、理想のヘアスタイルを一日中キープしたいですね。


4. まとめ

いかがでしたか? どの髪型でも、ふんわり頭頂部のシルエットが美しいヘアスタイルを目指すなら、定期的なカットが欠かせません。 特につむじの部分の地肌の透け感が気になる方は、ボリューム感を演出できる長さを維持することが大切です。

髪は、段差がなく同じ長さで整えられていると、まとまりやすく(=ボリュームダウン)なります。 また、長さに変化をつけて動きが出るカットでも、伸びてしまうと動きが出づらくなります。 中途半端に伸ばさずに、定期的なカットでつむじや薄毛の気にならない美しいヘアスタイルを維持しましょう。






掲載:2019/06/01
このページの先頭へ